2005年08月30日

Linuxスキルアップ

ひさしぶりに外部セミナーに行ってきました。

と、やはりリアルタイム更新が出来ず(T-T)

行ってから既に4日が経過・・・・。


無料セミナー『LPIC Level2 対策講座』


LPICとは「Linux Professional Institute Certification」の略称で、特定非営利活動法人/Linux技術者認定機関「LPI」の実施する、Linux技術者認定試験です。(HPより抜粋)



まぁ平たく言うと、これをもっていると「Linuxできます」という資格。

Linuxできる、は日本語的にも変ですがね。


LPIのLevel1も持ってないくせに(101は合格済みですが・・・)いっちゃいました。

とっても勉強にはなりました。

やはりLinuxユーザーは
















オタクゥ




ということは常々わかりました。

カーネルの話題で1時間はすごいですねー。

やらんだろ、そんなに。


講師の宮原さんから



「質問があればmixiでもいいですよ」


とかおっしゃっていた。


Linuxコミュニティに参加を試みようとしている今日この頃・・・。


mixi、目下勉強中

===>私信:りばてぃさん、mixiの件、超Thanksです!(〜の件とか仕事ッぽいっすね(^-^;;)失礼!)




posted by ysuke at 23:58| Comment(4) | TrackBack(2) | 今日のログ(一言投稿) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常駐先悲話


お客様は快適にインターネットしている中で、我々は何も出来ず・・・。
お客様先に行くとこういう非人間的扱いを受けることがままあります。

個人的には「奴隷として扱うことで自己満足を満たしている」

としか思えず・・・。


まず結構多いのが、「入退出」が出来ないところ。

セキュリティーカードで管理していて、カードを持ってない人は一度入るとトイレにも一人で行けなくなります。


「一時的にカードを借りれば良いじゃん」


そうですね、その通りです。

単純なソリューションでいけるのですが、以外に一時的貸し出し可能なカードのあるところが少ないのです。

いちいちトイレに行くたびに、



「すいません、出してください」


というわけです。



まぁ別のものを出しにいくわけですがね。












後、面白いところは、ノートPCの持込がNGというところがありました。

どう仕事せいとゆうのじゃ・・・・。


posted by ysuke at 23:28| Comment(3) | TrackBack(0) | SE 体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

超 お願い

mixiやっている人いらっしゃいませんでしょうか?

私もid持ってますが、楽しみ方がわからないのです(T-T)
(ちなみに、そのidは後輩に昼食1回でもらいました・・・。なさけねー)

もし、やさしい、優しい方がいたら、お願いを聞いてくださいな・・・。

・お勧めコミュニティを教えてください。
・楽しみ方を教えてください。

夢はmixiのOFF会参加。


posted by ysuke at 01:04| Comment(9) | TrackBack(0) | 今日のログ(一言投稿) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと業界っぽく見られるお作法 --UNIX編--

UNIX初心者の方へ(お前は違うのかい!?という突っ込みは無しで・・・)

「おっ、こいつ知ってるな」と言わせたいとか思いませんか?


作業している中でこーんなことをしてみると、おっ!と言われられるかも。



1.システムシャットダウンの前にsyncコマンドを3回実行する。

syncコマンドとはOn Memory上のデータをDiskに吐き出すコマンド。

Diskに書き込まれる前にshutdownとかすると、たまにシャットダウン直後にI/Oしたデータが
無くなっているとのこと。

そんなことを回避するためのsyncコマンド!

先輩がこれを使用していたが、

ysuke「先輩、いまどきのUNIXとかでそれうたなくてもいいんじゃないんですか」

なんて言おうものなら

















睨まれます


なんで3回かは意味不明。


2.テストスクリプトの名前をhoge.shとか、テンポラリーログをhoge.logとかにする。


UNIXユーザーはなぜがhogeを使いたがります。

参考書やテキストにも普通に

hoge.sh

とかあります。


理由は全く知りません。


誰か教えてください。






追伸
本気にしないように・・・


posted by ysuke at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

SEのサボり方


いつも(少なくとも仕事で忙殺されていない時は)楽しく読んでいるBLOG「それほど間違ってないプログラマ用語辞典」を読んで。

インターネットにつながる環境で、パソコンに向かう毎日。













サボるな


ネットを見るな



という方がどのくらい理不尽かと・・・。



これまでは堂々と見ていたのですが、

会社の環境変化(詳しく書けないのが残念ですが・・・)や社長から「ネット見るな、BLOGとか仕事中に更新するな」とか言われてしまい・・・・。

さすがに社長から言われると、ちょっと嫌だねぇ。


ここのところ更新できなかったのは仕事のせいですが・・・。

いやー、半端なく忙しい。


posted by ysuke at 23:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のログ(一言投稿) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

システムエンジニアの休暇 #2

SEは比較的、平日休暇や長期休暇がとりやすい反面、「親が死んでも休めない」という時があります。

以前にも少し触れましたが、また気づくところがありまして・・・。


○システムテスト終盤〜本稼動 前後


システムが’本稼動’することは、ある意味赤ちゃんが誕生する時くらい運命的です。

要は、大の大人が数十人から数百人、「ちゃんと動くかなー」と心配そうに見つめるわけです。






100時間


ほど


(連続で)



この時期は交代交代でシステムを監視することもあります。

そうなると彼女(彼氏)のメールは未読のまま放置され、Privateな電話はとれなくなります。

(※実際、私もそうでした)




○局面の終了/開始時



’局面’と言う言葉はあまり聞き慣れない言葉と思いますが、
我々の業界では「マイルストーン」という言葉を使います。

まぁ簡単に言うと、子供が小学校から中学校に変わるタイミングのようなものです。


以下は実体験です。

私はインフラ屋なので、「環境構築」が主な仕事です。

つまり、プログラマーさん達が開発できる環境(サーバー)を導入・設定・テストをして

プログラマーさん達に引き渡します。


引渡し日の4-5日前にどうしても2日間休まなければいけない用事がありました。

(IT業界の)普通で考えれば非常識ではありましたが、どうしても休みたかった為、

ウソを考えました。


(ysuke)「すいません、妻が病気で今度手術があるんです・・・。立ち会いたいのでお休みをいただきたいのですが・・・。」

(お客様)「それは大変ですね・・・。良いですよ。いつですか?」

(ysuke)「この日からこの日(両日とも平日)なのです。本当にすいません」

(お客様)「はぁ?ありませんねー」


こっちもウソではありますが











妻の手術も



立ち会えな



いのです


よ!!





本気で退社を考えた瞬間でした。
休みましたがね・・・・。
でもお休みの2日目は夕方から出社しました。





posted by ysuke at 00:25| Comment(5) | TrackBack(0) | SE 体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

SEの基本中の基本

SEは物事を調べるスキルがものすごく問われます。

先輩やその筋のスペシャリストに聞く、というのも基本ですが、

往々にして

「俺はお前のマニュアルじゃない」

とか

「マニュアル読んだ?お前調べないで聞くなよ」

という返事が返ってきます。


SEがスキルをつけるために書籍やマニュアルを熟読するのももちろん大事です。

しかし、Time is Money。

調べることや勉強に多額のお給料を払う会社も少ないと思います。
(ある程度までは払ってくれます)



そんなシステムエンジニアの究極技。



















ググる






「コロンブスの卵」と思い、書き残してみました。


「ググる」の意味がわからない人はググって下さい。

なんてね。

posted by ysuke at 16:35| Comment(9) | TrackBack(1) | 業界用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

そういや

だいぶ前にSUSEのサーバーがどうにもこうにも・・・、

と言う話を書きましたが、




結局



Vine V3.0



を入れなおし



ました。


快適すぎ。Vineは初心者の初心者による初心者の為のLinuxだと思います。

もうSEとしての大事な心である’使いにくいものに立ち向かう心’は亡くなりそうです。

あぁ、MS Officeではなく、OpenOfficeを使うぜ!と意気込んでいた私はどこへやら・・・。


それでも会社のPCに試用版のVMwareを入れてRedhatを使っている、プチ反抗的な自分が好きだったりもします。

posted by ysuke at 15:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日のログ(一言投稿) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

システムエンジニアの休暇

このBLOGでも多少触れましたが、SEは休暇がとりやすい時期ととりにくい時期とが明確に分かれてます。

とりにくい時期だと本当に取れませんが、とりやすい時期だと平日とか2週間、多い人は3週間くらい休んでも何も言われません。

メリットは1日程度なら平日とか結構簡単に休めること。

デメリットは休める時期が予測できないこと・・・、ですかね。



今週はお盆です。

お客様もお休みするところが多い為、この時期にSEも休む・・・、という人が多いかと思います。

ところが、意外にいないんですね、お盆に休みを取る人が。今日も会社に人はわんさか。







人が休む時期には

休まない




仕事どおり、SEはなかなか計算高いのです。

この時期は「夏休みをとるんで」といえば比較的どこでも休みやすいから。


まぁ私見ですがね。
posted by ysuke at 13:30| Comment(7) | TrackBack(2) | 今日のログ(一言投稿) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

24時間張り付きの刑

ここ数年、「24時間365日のサービス」というものが流行っていると思います。

新生銀行のATMとか確かそうですよね。

システムが24時間動くと言うことは




人も24時間動いている

ということなんですよ。

もちろん、24時間動くことが前提、となっているのでこれは問題ないのですがね。

オペレーターさんという人が交代々々でシステムに問題が無いかをチェックしている訳です。


ところがオペレーターさんが不在にもかかわらず無人で24時間運用している

ところもあります。


とらぶった日にゃあ大騒ぎです。

そりゃそうだ、だって事前にチェックしないんだもんね。

こうなると色々なケースがありますが、往々にして



24時間



張り付きの刑



が試行されます。

「なんかあったら対応しろや!」

というなんとも不条理なことを言われます。










いつも思うのですが、


「ご利用は計画的に」

posted by ysuke at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | SE 体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。