2005年09月23日

SEと酒の肴

更新が死ぬほど滞りました。

SEの更新が滞ることの意味を察して頂ければ幸いです。
(あぁ、この「幸いです」とか使う自分が嫌だ・・・)


’酒の肴’といえば、食べ物はもちろん、上司の愚痴や会社で誰がかわいいかとかいう話、猥談、
最近行ったキャバクラの話など多種多様かと思います。

(オタクよりな)SEの場合、ちょっと変わったものが酒の肴になります。


私が大学生の頃、SEの方と知り合いになり、「CD-ROMが読み込めないんですよー」とか

愚痴っていたら、それが酒の肴になって、仲間内と話してくれて、「この辺を確認したら?」

とか言われました。

あぁ、なんでも酒の肴にするんだなーと思いましたよ、この人たちは。


そんなわけで先日コメントを頂いた森 鴎さんからの

コメントに対して所見を述べさせて頂きます。


え?酒の肴とかと関係ないって??






何をおっしゃいます!




























ちゃんと



飲みながら





書いてますから



ほら、明日から三連休ですしね!





僕は違いますが_| ̄|○ililil

でもまだビール2本ですから!神経はしっかりしてます!

森 鴎さん!大丈夫ですよ!


<原文のコメントより>
セレロン650M、RAM384M、ADSL1M、HD20M、WIN XP HOME
これで、FTPサーバーを作ります。
最終的利用者は12人ほど。
固定IPではなくDiceを動かし、IPの変化時に対応しようとしています。
利用目的としては、各個人のデータ置き場とデータの共有や受け渡し。
現在、サーバーを起動してもクライアントがログインできたりできなかったりします。
この不安定さはスペックからくるものだと思うのですが・・・
やはり、固定IP導入とサーバー専用マシンが必要なものでしょうか?よろしくお願いいたします。

*******ここまで



まず、整理してみます。

[要件]
複数ユーザー(最大12名)がデータ(ファイル)の保存・共有・送受信などを行いたい

[環境]
・FTPサーバーの構築
・バックボーンはADSL1M
・DynamicDNSとしてDiceを使用

[問題点]
不定期にクライアントがログインできないと言う不具合がある


と言う感じですかね。


要件を満たす、と言うことを考えると

Yahooブリーフケースをつかう

のがまぁ手っ取り早いのですが、恐らく心境としては「自宅サーバーで運営したい」というところで
しょうか?そのお気持ちは強くお察しします。


ちなみに、おはずかしながらDiceと言うソフトウェアは知りませんでした・・・。
さらには申し訳ないことに自宅が光ケーブルの為、StaticIPなのです・・・・。

森 鴎さんは固定IP導入した方が良いかどうかとあります。
確かにこの不具合だと、疑わしいのは、
ルーターとソフト(Dice)っぽいですがね。
ちなみにFTPデーモンは何を使っているのか明記がないのですが、これはこれで疑うべき対象であるとは思います。



ADSLってことはルーターかましてますものね?

もしかしてルーターがLoad○unnerとかいう製品じゃあないですか?

それかY○hooの純正。

たまに切れると評判です。


森 鴎さんのおっしゃるとおり固定IPにすればそこそこ安定すると思います。

経験則から言うと、うちは固定IPでLinuxサーバー(Vine)でsshデーモンを稼動させ

sftpでコネクトしてますが、非常に安定してます。

あとWindowsですかね・・・・、というと語弊がありますが・・・。


うーーーーん、とりあえずここまででしょうか。

コメントくだされば追加対応いたします。

ごめんなさい、役に立たなくて・・・・・・・。

2005年09月18日

IT業界に入って初めて意味がわかったもの


はしごを下ろす。




一般的な言葉で言うと、「押し付けられる」とかいうのかな?

いい加減な営業が複数名と手を組むとこういうことをされる。















あぁ、



大人の世界って


こんな感じ


なのね・・・・。





と体感せざるを得ない瞬間。


何があったかというと

まぁ簡単に言うと見積もった工数に対して















根拠のない


値引き



がなされてたこと・・・・。



あのー、だから私にPMとか押し付けたわけねぇ・・・・。


大人っていやぁねぇ

それは大分落ち着きましたがね。





posted by ysuke at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | SE 体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

SEと印籠

ふと思ったこと・・・。


先の副将軍、水戸光圀 ご老公 が出した水戸の御紋


「俺は幕府でえらいんだぞー!ひれふせー!」


的なもの。


SEでこれにあたるものはなんだろうと考える・・・・。



1.資格

Oracleのプラチナくらいないとあんまり効果ないかもねー

CJPとかで「ひれふせー」とか言っても・・・・、ねぇ・・・・。



2.経験


「おれは3日間寝ないでもいけるぜ!」

うん、ただのバカだな・・・・。



3.職位


「部長です!いつも部下がご迷惑を・・・」

これだな!

どんな業界も同じってことです。


ヒラが行ってもダメな時は部長が・・・・。


やっぱり







最後は


偉い人が


謝る




に勝るものは無い!?


4.お金

賠償金やら、「先日迷惑をかけたんだから、今回はタダにしろ」的なもの。

実際に発動されるケースは数少ない・・・・。


2005年09月09日

SEとしてのやりがい

システムエンジニアのやりがいって人それぞれだと思います。

お金が欲しい!

プログラムでのモノづくりが楽しい!

サービス開始までの取り組みがたまらない

技術を習得する

などなど・・・。

私も色々職種が部門が変わって気づいたのですが、
やっぱり
















僕は障害対応。




だなぁと実感しました。
もちろん、解決したことが前提ですよ!


(解決しないトラブルほどたちが悪いものはこの世の中に無い・・・・)


いやぁね、やっぱり血が騒ぐのですよ、血が!

マシンに触る機会が極端に減っている今日この頃。


それでもトラブル対応に借り出されはします。


先日もあったのですが、解決した瞬間・・・・。


















タマランデス!

(*´∀`)







こうしてまたトラブル対応に借り出される・・・・。

いや、本当はいけないのよ、トラブルは。


後日談として、マシンのトラブル対応は家庭のトラブル対応を引き起こすような気が・・・。


家に帰れないしね。

posted by ysuke at 12:38| Comment(6) | TrackBack(1) | SE 体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

意味のわからないIT用語


更新が滞り、誠にすいません・・・。

くだらないことに時間を割かれる毎日・・・。

システムエンジニアとしての魂や血が日に日に奪われていることを実感しております。

それゆえ、Linuxの独学に注力しておるのですがね・・・・。





周りが使っているから…、7割以上が「理解していない IT 用語使う」

**************************************

アルファベットで構成された IT 用語の意味がわからず、調べようとしてもまた意味のわからない言葉で説明される――そんな経験はないだろうか。もっと簡単な言葉が必要とされている。専門用語がわからない人は新しい技術を使った製品の購入を遅らせる 傾向 もあるというのだから。

インターネットコム株式会社 と 株式会社インフォプラント が行った、IT 関連用語についての調査によると、「周りが使っているために、自分も意味を理解していない IT 用語を使うことがある」という人は7割を超えている。

(中略)


さらに、普段よく目にするものの意味を理解していないというIT用語を聞いてみた。回答として多かったのは「クッキー」、「プロキシ」、「MP3」、「Bluetooth」、「メガピクセル、「Blog」、「RSS」などだが、同時に、「多すぎて挙げられない」というユーザーも目立った。

**************************************

<転載元:japan.internet.comより>



「意味のわからないIT用語を使う」 = 「かっこいい」、「業界人っぽい」

というロジックがあるからでしょうか。

やはり世間一般の方々も同じなのですよね!


システムエンジニアは「意味がわからずして使う」というのは結構あるような気がしますし、

意味がわからないからこそ、使えるというのもある気がします。



入社当時、トランザクション、スループット、リクエストという言葉の意味がわからず、

「パフォーマンスが悪いのはトランザクションが多いから」

「その原因はスループットが悪いからですよー」

「リクエストがオーバーフローしています」

と、知ったような口調で話していましたね。上記の単語の使用法は全て誤りです。

まぁシステムテスト期間中だったのもあり、そんな単語が飛び交っていたわけです。

意外に、エンジニアでも良く意味がわからないまま使用して、そのままの人も多いはず。

あ、自分もですよ、もちろん。

posted by ysuke at 17:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 業界用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。