2013年10月06日

独身のシステムエンジニア男性の皆様、ご一読願えないでしょうか。

★ システムエンジニアの帰りが遅い理由を勝手に考える ★

上は記事のLinkです。
ただ、読んで頂きたいのは記事の方ではなく、コメントです。
この記事、8年前に投稿したにもかかわらず、いまだにコメントを時々頂戴します。

実はこの記事、「SEの彼女」とグーグル先生にかけると、トップにひっかかります。広告費なんて当然だしてません。

これを書いたときが28歳でした。私の返答も歳をとることに変わっていってますが、女性側の「会いたい」「メールが来ない」「そんなに忙しいのか!?」という悲痛な叫びは8年たっても変わってないです。

私もデスマーチプロジェクトに参画したこともあるのですが、ここ5年くらい私自身は落ち着いているのと、私のチームメンバーもそこまで忙しくないので、IT業界の世間に疎くなりつつあります。
とはいえ、部署をまたぐと「1ヶ月くらい休んでなくてね」という人もいるので、変わらないのでしょうね。

記事にもある「足りない人件費で働かされている」というのも、グローバルな人材が入ってきて、よりいっそう厳しくなってきているような気がします。

さてさて。

コメントを読んで頂くと、恋人がいる方は当てはまる方もいるのではないのでしょうか。
同じような態度を取る方が増えれば増えるほど、
「やっぱり、システムエンジニアなんかと付き合うべきじゃないよねー」
とか
「ブラックだね、あの企業」
とか、悪評がよりいっそう出てしまうのではないでしょうか。

いや、私もそういう態度をしたことはあるので、偉そうな事を言えないですが、反省した今は家族第一で日々がんばっております(たまに、自分のストレス過多の時に失敗しますが)。
ただ、忙しい時にほかの事を考えられるか?と言われれば、そう、考えられないですよね。
朝、出社して、パソコンを立ち上げるまもなく、大勢の人に囲まれて頼みごとや質問をされ、調整を依頼されたり、タスクを課されたりする、よーくわかります。私も、大げさではなく、毎日そうです。パソコンくらい立ち上げ終わって、トイレに行って、コーヒーを入れるくらいの時間をくれよ!と、毎日思います。

もし、昼休みに、独身のシステムエンジニアの方にこの記事が目に留まり、上記の記事のコメントの生々しい話を読んで頂いて、振り返る機会になれれば幸いです。
私も勉強させて頂いております。子供から「お父さん、今日は早く帰れるよね!」と毎日朝言われるのが辛いです。なので、休みの日は基本家族と過ごすようにしてます。
趣味?何それ美味しいの?って感じです。
posted by ysuke at 00:06| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 業界用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376700737
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック