2014年10月03日

IT業界って本当に忙しくて死んでしまうの?

また、こんな記事を見つけてしまいました。週刊SPAのTweet急上昇ランキング一位でした。

IT業界の激務残酷物語「発見されなければ死んでいた」

「これって本当?」というのがIT業界ではない人の素朴な疑問だと思います。

私の経験だけで言います。
まず、月100時間越えの残業をしたことあるか?という質問であれば、「あります」
土日、昼夜問わず働いたことがあるか?と問われれば、「あります」
こんな風に人が倒れるのか?問われれば、「目の前で倒れるのを見たことがあります」

これだけでブラックと判断できるのでしょうか?ここ最近でいうと、1,2週間、どピークで遅くまで仕事をすることもありますが、定常的ではないです。
それに、なにより、十分自分が耐えられているので、「かわいそうに」と同情されても、別に・・、と沢尻エリカばりの回答ができます。

このような環境に運悪くなった場合、むしろ、チームの環境の方がよほど大切です。少なくとも私はチームに恵まれてきている(そうではないときもありましたが)ので、本当に困ったときは助けてくれました。もちろん、獅子が千尋の谷にわが子を落とすように、落とされたことがありますが、そのおかげで今この場に立ててます。

むしろ、自社で言うと、「離職率の高さ」の方が心配です。
これは仕方ない部分もあるのですが、あきらかに会社が社員を大切にしてない雰囲気がプンプン漂っているので、みんな他の会社にいってしまいます。私はというと、やはり部署、チームの仲間、お客様に恵まれたこともあり、あまり今の現状に不満はありません。

仕事時間よりも職場の環境や文化をよくすることで、働き甲斐というのも自然に出てくると思います。
posted by ysuke at 15:39| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SE 体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406461348
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。