2014年02月04日

就活生の皆様!注目ですよ!

今日のヤフーニュースより

年収1000万円超のビジネスパーソンに聞く、就活生にオススメしない業界

お勧め業界の第三位に見事「 ITサービス・ソフトウェア」が!!年収1,000万のビジネスパーソンが誰かわかりませんが、先見の明があると理解しております。


●オススメしない業界

 就活中の大学生に、どの業界の入社を薦めますか? この質問に対し、「商社」(36%)がトップ。次いで「医薬品」(35%)、「ITサービス・ソフトウエア」(34%)、「自動車・自動車部品」(28%)、「コンサルティング」(23%)と続いた。

 一方、お薦めしない業界を聞いたところ「銀行」(28%)がトップ。以下「生保・損保」(27%)、「証券」(26%)、「信販・クレジットカード・リース」(24%)、「百貨店・スーパー・コンビニ」(21%)という結果に。ビジネスパーソンが入社を薦めない業界のトップは「銀行」となったが、銀行は一般的に高所得かつ安定しているので、就活生の間では人気が高い。「(高所得の)ビジネスパーソンは海外勤務となっても、日系企業の現地法人対応になりがちな銀行よりも、現地市場開拓などによってよりグローバルな市場での活躍ができる、商社やメーカーなどを薦めていることが分かった」(ビズリーチ)

 インターネットによる調査で、平均年収1060万円のビジネスパーソン1639人が回答した。調査期間は2013年12月9日から15日まで。



金融は意外にもあまり勧めないんですね。
グローバルに活動したいと希望する学生には意外にIT業界はいいかもしれないです。担当するプロジェクトにも依存はしますが。

それはそうと気になったのが、上記の記事のこのコメント


「グーグル」については「ソフトの会社が業界の趨勢(すうせい)を左右し、もはやハードの時代ではないと感じる」(40代、メーカー)といった意見があった。


おっしゃるとおり!とは思いますが、インフラを生業としている私には改めて不安を感じさせる一文でした。
Webサービスやソフトウェアサービスでいかに利便性のあり、社会生活を変えうるサービスが今後台頭してくるでしょう。
ITと共に生活の変革が起こってくると思います。



posted by ysuke at 16:28| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | システムエンジニアからの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

次世代のクラウドサービス (題名は大仰ですが、単なるつぶやき・思い付きです・・・)

グリム童話に「こびののくつや」という逸話があるかと思います。
靴革を用意しておくと、小人が靴を縫ってくれて、それが高く売れると言う話。

クラウド上に要件と伝えておけば翌朝に資料化されて、Dropboxあたりに放り込まれるようなサービス、できないですかね・・・・。
要件をテキスト分析し、タグ付けされたテンプレート資料を組み合わせてつくる、見たいな・・・。個別に作ったやつをクラウドサービス上の管理画面から登録しておけば、アセットもどんどん蓄積される、みたいな。

と、つぶやきたくなるほど、作らなければいけない資料が多い、今日この頃です。


こびとのくつや [ ヤーコプ・グリム ]
posted by ysuke at 13:12| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | システムエンジニアからの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

夜勤はつきもの

久しぶりに会った協力会社の人に「元気〜」と話しかけたら、「最近、夜勤シフトなので・・・」と、つらそうな目をしてました。
システム開発やシステム運用には夜勤がつきものです。テストフェーズでも利用時間を確保する為に、昼夜を逆転させてやることはよくあります。

私も夜勤シフトやったことありますが、あれは確かにつらいですね。私の場合は短期集中1ヶ月間でしたが、なんか生きている楽しみを奪われた気分でした。ただ、夜勤明けに出勤する人たちを横目で飲むビールほどうまいものはなかったですが。ま、新人の時です。

でも、これがIT業界だけか、と言われるとそんなことないと思うんですけどね。
24時間とか36時間働く、とか、そういうものではないので。

ただ、今日あった協力会社の人は、この日は夜勤シフト、この日は別のお客様の対応、とかで、昼夜逆転しっぱなしではなさそうなのはかわいそうでした。

posted by ysuke at 18:23| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | システムエンジニアからの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

安定するシステムは評価されない!?

IT業界に身をおいて一番不条理に感じている事です。

本番稼動したシステムは安定したサービスが出来て当たり前です。ユーザーの立場から考えると、しょっちゅう固まる通販サイトと、24時間いつでもサービスが続き、クリックしてもサクサク動く(軽い、と言う言葉が一般的かわかりませんが、操作が軽い)、サイトと、どちらを利用するか、非を見るより明らかかと思います。

どんなに安くても「こう操作が大変では見る気になれない」と思うのではないでしょうか。

安定しているサービスは企業の利益やイメージに大きく貢献します。

ところが、IT業界では安定して長年運用されているシステムよりも、トラブルを起して、それを解決したシステムの方が多分に評価されます。

たとえば、ソフトウェアバージョンアップ移行作業の場合。
Aシステムは過去のバージョンアップに何回も失敗しており、それこそ次の回では失敗しないよう手厚い体制が敷かれます。3度失敗し、4度目に成功すると、それはそれは賞賛されます。

Bシステムは安定していて数年間ノートラブル。バージョンアップなど、大規模移行も安定して行えてます。
Bシステムの作業は安定しているがゆえ、注目度が低い状態です。

ところが、AシステムよりもBシステムの方がはるかにミッションクリティカルだったりします。

それでもBシステムのメンバーは愚直に凡時徹底で作業をしてくれます。

私は安定性の高いシステムがより評価され、トラブルシステムは撲滅されるような世の中が良いと思ってます。
トラブルは人を巻き込みます。人が巻き込まれれば、その周囲の家族や友人、恋人に影響します。
トラブルで注目を集めると、技術者も「活躍している」と勘違いします。
この勘違いがIT業界で仕事を死ぬほど行う悪循環を生んでます。






posted by ysuke at 11:17| 愛知 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | システムエンジニアからの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

職種は関係ないっす

以前、IT業界の主たる職種について書いた気がするのですが、それぞれ営業活動支援から、システム開発、運用にいたるまで、長い局面があります。全ての局面の面倒を見るスーパーマンもいるでしょうけど、よほど大きなシステム規模でなければこういう人はなかなかアサインされないです。
(注:本当は”「大きな」システム ”という曖昧な表現はNGなのですがね・・・。)

で、その局面、状況、場面、などで、そして、それにかかわる役割で忙しさはかなり変わります。

ちなみに、私は今がピークな気がします。Blogでも書きながら現実逃避に走ってます。。。。

ま、でも、日付変わる前に帰れるだけ、だいぶ幸せでしょうけど。こんなときに限って、ホームシックになったりします。子供が小さいと集中しない・・・・。中学生くらいになれば親ともそれほど会話がなくなるので、逆に職場にいようかな、と思うようになるのでしょうかね。ま、嫁さんがいるから、それはないか。

posted by ysuke at 18:29| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | システムエンジニアからの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

ソーシャルメディアは悪なのか?

FacebookやTwitterなどに投稿する事が日常化している私にとっては、閲覧も書き込みもいたって普通の生活行動な訳です。

情報基盤として活用し、情報連携するには簡単に立ち上げられることもあり、そういう方にたまに使って欲しいと思うこともあります。

ところが、「あんな個人情報駄々漏れのサービスなんざ、使うやつの気が知れない」と罵声を浴びせられることもしばしばあります。

確かに、Blogとかやってなく、雑誌や新聞の情報だけみると、書き手が配慮に欠けた場合、そういうケースもあるとは思います。
しかし、何もわからず、調べもしない中でそう言われるのは心外だなぁと感じます。
登録するだけで個人情報なんかもれやしないし、何も書かなくても誰からも怒られないし、写真なんて無理に載せる必要ないのに、と思います。

ただ、私もBlogをやって長いこともあり、誰がどのようにみられているか、と言うのはものすごく意識してかきます。特にFacebookは(制御できますが)位置情報も書かれるので、気をつけるようにしてます。
「この書き込みは、あの人が見るとサボっていると思われるかなー」とか、そういう場合は結構あります。
また、Blogでは結構失敗があります。怒られることや第三者から厳しいコメントもあります。

そういう経験は経てますが、道具としてBlogも含めたソーシャルネットワークは使いようだと言う結論に達してます。無理にやる必要は全くないですが、最低限必要に応じて利用してくれると、情報を円滑に流す為の利便性が増すと言うことは理解してもらうように話していきたいものです。
posted by ysuke at 18:57| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | システムエンジニアからの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

成長!?

資料作りより資料構成をどうするか、どういうアーキテクチャにするか、お客様への訴求ポイントは?ということを考える時間のほうが長くなった。成長した証拠か!?

posted by ysuke at 13:01| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | システムエンジニアからの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

SEとして運用者になると言う利点

SEの種類として、「運用担当者」と呼ばれる人達がいます。その中でもオペレーター、インフラ、アプリケーション保守、というように役割は別れます。

基本的には、サービスが始まったシステムを「障害なく、安定したサービスを提供する」というのが重要タスクでして、日々のログチェックや運用の改善(手順書の整備、システム情報の収集、インベントリ管理)となります。

ルーチンワークが多く、休日出勤がある為、希望する人は若干少ないイメージがあります。
ですが、休日出勤の場合はお休みもしっかり取れたり、何より「このシステムは自分が守っている。よりよくできる」という点においては、非常に良いのではないかと思ってます。

周囲を見ても、休暇をとって家族サービスをしたり、仕事面でもプロジェクトマネージャーを目指したりと、ワークライフバランスがとりやすいと思います。

障害発生時に夜間呼び出しもありますが、安定してればそれほど頻繁には無いです。

SEは役割が多種多様な為、ひとつの選択しても良いかと思ってます。
posted by ysuke at 12:41| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | システムエンジニアからの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

IT業界に勤めて、女子力アップ!

「IT業界に勤めて、女子力アップ!」

という無謀な仮説を立ててみました。
仮説検証となる項目を挙げてみますと・・・。


●電磁波でお肌ツルツル ⇒ 逆ですね・・・。
●男性が多いから、男性の目を気にして仕事が出来る ⇒ 男性によりますかね・・・。私の職場ではすっぴんで来る女性も多いです。「ここはないなー」という感じがみえみえですな。
●制服いらずで、私服でおしゃれコーデ! ⇒ 制服がある職場は少ないですし、ある程度派手な格好で来てもゆるされるのは、この業界の特徴でしょうか。どこでもそうとは限りませんが。ま、でも、これも「見せたい男性」がいるか、いないかによりますよね。
●おいしいランチ、食べまくり!⇒プロジェクト単位で職場が変わるので、これはあるかも。山奥の職場じゃなければ・・・・。
●彼氏といつもチャットでつながっている! ⇒ インターネット接続可能な職場なら・・・。後ろに上司がいるかもしれないのでお気をつけを・・・。

うーん、やはり無謀ですかね。イケメンが多いプロジェクトなら、話しは別かもしれません。
そんなところ、みたことないっすけどね。
タグ:女子力
posted by ysuke at 19:58| 愛知 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | システムエンジニアからの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

家族に言ってはいけない、SEの一言

Blogの昔の記事をあさっていたら、こんな記事書いていなぁ、と自己インスパイアされました。

よく私が失敗する一言です。

操作がわからず困っている嫁様への言ってはいけない一言

「ちゃんとマニュアル読んだ?」
「なんでわからないの?」

パソコンをいじっていたり、家電の操作の時に繰り出します。

そんな私はいまだに洗濯機の操作ができません。

分野によるわけです。ちーん。
posted by ysuke at 00:01| 愛知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | システムエンジニアからの一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。