2014年04月22日

近況報告 と 気になるニュース(SEは足りない?)

前回投稿から1ヶ月が経過しようとしてます。
ええ、ご他聞にもれず、タスクに埋もれてます。

そんな中気になるニュースが。

IT技術者がいない みずほ不安の「2020年問題」

日経新聞のサイトなのでID登録が必要なのですが、簡単に言うと、

-全国的にSEが不足している(みずほ銀行とかにもある大規模システム開発で人が集まらない)
-不足しているから「新人でもいい」というリクエスト
-ユーザー企業が人を募集しても、あつまらない。ベンダーも入札してくれない
-なんで受けてくれないかと言うと、人がいないから。
-なので、ベンダーが付け上がって、単価を上げてくる。ベンダーは「我が世の春」
-2016年のマイナンバー制度のシステム構築で人足りるんだろうか、不安
-SEは忙しいから新しい技術を身につけられず「IT宮大工」化しているし、今後もするのではないか?

と言う感じです。
ま、確かに現場を見ていると人は少ないですね。昔はよい人を選んでプロジェクト化していたのが、選べなくなっているのはここ数年感じてます。

でも、単価をベンダーがあげている感はないですね・・・。

この記事、よいと思っているのは「IT宮大工」と言う表現。日常の仕事に没頭しすぎて、自分の今後のスキルアップ(特に先進技術)を身に着けることなく、井の中の蛙になる、ありがちです。

自分自身への警鐘としてもよくよく考えたいと思いました。
SEたるもの、慢心や思い上がりはダメですね。えてしてそういうSEが多いのもまた事実です(特に同じ現場に長くいるSE)。





posted by ysuke at 19:04| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のログ(一言投稿) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

IT業界に従事し、ITの存在意義を問う

40歳目前(今37歳)にして、「このまま、この業界に働き続けるべきか?」というのを自問しております。いや、別に嫌になったわけではないです。それこそ、職場の人間関係、やりたいことができている、等々、周囲の方々や今の環境には感謝しても仕切れないです。

それでも後戻りできなくなる年齢に差し掛かっているのと、他人に「この仕事に誇りを持ってやっている。目標もある」と胸を張っていえるかな?と自問した時に、自答できず、考えております。

自問自答を繰り返し、ひとつのゴールとしては、「自分の生み出したITアーキテクチャー(もしくはソリューション)が世の中の利便性を向上し、社会生活を良い方向に変革したい」というところに行き着きました。

金を稼ぐとか、出世するとかそういう世俗的な目標は柄に合わないので、もっと社会的意義を見出して仕事をしたいと思ってます。
もちろん、今の仕事は目標からは離れた感じではありますが、日々意識することでそこを目指して生きたいです。


とまぁ、こんなことを考えていたら、「たとえば、ゴールでイメージしている例ってなんだろう?」とか思いました。
考え出すと結構あります。もちろん、
・携帯電話って革新的だよな。生活を変えたよな。
・インターネットってすごいよな
と、さかのぼればきりがないので、もう少し、目標のイメージをふくらませやすいものを例にしていこうかなと思ってます。

若干、今、落ち着いてます(^-^;;)
嵐の前の静けさでないことを願いたいです。


posted by ysuke at 12:54| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のログ(一言投稿) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。